みれびの漫画コミックお試し感想レビュー

コミレビュア 

青年

漫画「異常者の愛」1巻のあらすじ、感想、無料試し読み方法とは?

更新日:

今回は漫画「異常者の愛」1巻のあらすじ、ネタバレ、感想とお得に無料試し読みする方法をご紹介します。

講談社コミックスの本作品の作者は「千田大輔」さんという方です。

 

この作品のあらすじは、主人公である16歳の男子高校生の一之瀬一弥に小学生の時に恋をした三堂三姫という少女。彼女の愛は歪んでおり、一弥は三姫に翻弄されていく。愛が血を呼ぶ呼ぶサイコラブホラー作品が幕を開ける。

というものです。

なんだか恐ろしそうな作品ですが興味深かったので読んでみました。

「異常者の愛」1巻を読むならこちら

 

第一話「異常者の愛」あらすじ・ネタバレ

主人公であり当時小学5年生だった一之瀬一弥(カズミ)は幼馴染の少女二海二美香(フミカ)に好意を抱いていました。

一弥は二美香と仲良く家まで一緒に帰る約束をする。

しかし、一弥はクラスメイトの黒髪ロングヘアーの三堂三姫(ミドウミキ)に呼び出され、愛の告白をされるが告白されるが、二美香のことが好きだという理由で断ります。

断られた三姫は「フミカちゃんがいなかったら好きになってくれてたかな?」と不気味なことを聞く。

戸惑った一弥は「仮に二美香が存在しなかったり、会っていなかったらそうなってたかもしれない」と彼女に伝え、謝ってその場を去る。

これが悪夢の始まりでした。

一弥は待たせていた二美香に会うために教室へ向かう。

教室に着いた一弥が見たものはカッターを持った三姫と血まみれで倒れている二美香の姿だった。

三姫は笑顔で「これで私と付き合ってくれる?」と問う。

三姫は駆け付けた警備員に連れていかれる。

 

そして、回想は終わり、時代は6年後に移る。

一之瀬一弥は高校2年生になっていた。

彼には五条五樹という同級生の友人がいた。

そして一見弥に対し好意を寄せる四谷四乃という明るいクラスメイトがいた。

一弥は四乃から何度も告白されるが小学校でのトラウマのこともあり断り続けていた。

しかし、熱意に負けた一弥は1度だけ四乃とのデートを承諾します。

デート当日に待ち合わせ場所で、四乃を待つ一弥が見たものはあのおぞましい三姫の姿だった。
しかし、すぐにの姿は消えていた。

四乃合流し、デートを楽しむ一弥だが、三姫と事件のことが頭から離れない。
そして、四乃から、次のデートに美術館に行くことを誘われるが断ってしまう。

第2話「害悪愛」あらすじ・ネタバレ

デートの翌日、風邪で学校を欠席した四乃を心配した一弥は彼女の家にプリントを届けに行く。

2回目のデートを断ったことを謝罪する一弥に対し、彼女はそれでも好きだと言う。

一弥が何か問題を抱えていることを知っていた四乃はその問題を一緒に抱えたいと伝える。

四乃に心を開いた一弥は2回目のデートの時に小学生の頃の事件の話を彼女に話した。

これが大きな災いをもたらすことを知らずに...

ある日一弥は下校の際に公園で四乃に告白する決心をする。

下校しようと下駄箱に向かった2人だが、四乃の下駄箱にはウサギの死体が入っていた。

第3話「罠、嘘、心」あらすじ・ネタバレ

四乃はショックを受け倒れてしまい、保健室へと運ばれる。

意識が戻った四乃に対し一弥は彼女を守る決心をする。
彼は四乃に告白をして恋人同士になり、次のデートで美術館に行く約束をする。

デート当日四乃は待ち合わせ場所に向かう途中にとある少女とぶつかってしまう。

その少女とは三姫だったのだ。

第4話「拘束、刃、肌」あらすじ・ネタバレ

三姫は四乃を薬品で眠らせ、体育倉庫に拉致する。
四乃が目を覚ますと椅子に拘束され身動きが出来ない状況になっていた。

三姫は四乃に自己紹介した後、一弥をここに呼び出すための人質であることを伝える。

 

第5話「ぐちゃぐちゃ」あらすじ・ネタバレ

そして、三姫は四乃の服をカッターで切り裂き、怯える彼女を見て楽しんでいる。

 

第6話「最悪」あらすじ・ネタバレ

待ち合わせに遅れた一弥は四乃に電話をかけるが、電話に出たのは三姫だった。

三姫は二美香を殺した場所である小学校の教室に来るように言う。

一弥が急いで教室に向かうとそこには笑顔の三姫がいた。

 

第7話「傷だらけ」あらすじ・ネタバレ

三姫は一弥のことを中学三年生の頃からずっと観察していたのだ。
一弥と四乃が付き合うことを、許せなかったようだ。
一弥のことを自分の恋人だと笑顔で主張する三姫。

隙を突かれ拘束されてしまいます

第8話「四谷」あらすじ・ネタバレ

三姫は「大事な初めてはカズミのために取ってあるから、ここでセックスをしよう」と言う。

未姫は二美香の家から盗んだ彼女の骨壺を教室の床に置く。

「これでいつでもフミカちゃんを感じられるね!」

この言葉に苛立ち、一弥は激怒する。

そして、三姫は隣の教室に行き台車に載せた四乃を彼のもとへ連れてきた。

四乃はいったいどんな状態になっているのか?

 

「異常者の愛」1巻の感想

主人公の一弥小学生の頃に言った一言が三姫を本気にさせてしまいましたね。

それにしても三姫は恐ろしすぎます。人生をめちゃくちゃにされた一弥は四乃のことを守ることが出来るのか気になりますね。

ハラハラできる作品なので是非読んでみてください。

 

無料でお得に試し読みする方法

まんが王国では無料でお試し読みすることが出来ます。
さらに、無料会員登録で半額クーポンも配布しているので気になる方は読んでみてくださいね。

また、文章では表現できないおぞましいシーンもあるので是非ご自分の目で確かめてくださいね。

「異常者の愛」1巻を読むならこちら

検索バーに「異常者の愛」と入力して作品を見つけてくださいね。

 

-青年
-

Copyright© コミレビュア  , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.